顔のムダ毛の処理方法は?実はNGな処理方法

顔のムダ毛というのはどのように処理すれば良いのでしょうか。
顔のムダ毛の自己処理方法にもいくつか種類があります。

顔のムダ毛処理方法は?

顔のムダ毛処理というのはどのように行っていますか?
誤った自己処理をしてしまうと、お肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

ここではやってはいけない顔のムダ毛の自己処理方法、そして顔のムダ毛処理によって引き起こされる肌トラブルのリスクについてもご紹介していきます。

やってはいけない顔のムダ毛の自己処理

顔のうぶ毛の自己処理方法は正しく行っていますか?
実は危険な自己処理方法をチェックしておきましょう。

肌トラブルの原因というのは顔の自己処理かもしれません。
まず、一番してはいけない脱毛方法というのは、毛抜を使用してムダ毛を処理することです。
顔のムダ毛のカミソリ、毛抜処理はリスクが高いのです。
顔の中でも特に眉毛周辺の毛を毛抜で処理すると毛穴が炎症を起こしてしまうこともありますので、十分に注意しておかなければなりません。

目の周りでも毛抜であれば安全だと思われるかもしれませんが、毛穴を無理やり引き抜きますので、毛穴が炎症を起こしてしまうこともありますので注意しなければなりません。

家庭用脱毛器でムダ毛処理をするのは安全?

家庭用脱毛器で顔のムダ毛を処理している方も多いと思います。
顔の脱毛もできると歌っている家庭用脱毛器もあるのですが、照射する出力を調整できない機種もあります。
顔のように皮膚の薄いデリケートな部位に対してはやけどの恐れがありますのでおすすめできません。
特に目のすぐそばには眉毛も生えていますので、用心しなければ眉毛が生えてこなくなってしまう可能性もあります。

ワックス脱毛でムダ毛処理は?

顔脱毛用のワックスもありますが、ワックス脱毛というのはお肌に塗っているワックスを一度にまとめて剥がして毛を抜く方法です。
そのため、お肌の角質を除去してしまったり、無い出家うしてしまうなどお肌を傷つけるリスクもあります。
ワックス脱毛で顔の自己処理をすることは可能ですが、痛み、お肌への刺激を考えると顔のムダ毛処理には向いていません。

除毛クリームもありますが、毛を溶かす成分があります。
チオグリコール酸が含まれており、お肌にも刺激を与えます。
お肌が敏感な人が使用するとお肌がただれてしまって痛みやかゆみがでることもありますので注意が必要です。

自宅で脱毛する為の脱毛器ならケノン

コメント