脱毛によるリスクはどんなものがあるの?

医療脱毛ってどんな脱毛なの?
脱毛をすることによるリスクはどのようなものがるのでしょうか。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックにおいて脱毛をすると、お肌トラブルを引き起こすリスクがあるというのを知っていますか?

脱毛サロンや医療脱毛における脱毛にあるリスクは次のようなものです。

脱毛におけるリスク

硬毛化や増毛化があります。
細い毛やうぶ毛が多い部分に対して脱毛をした時には、元の状態に比べて毛が太くなったり、濃くなることがあります。

硬毛化が起きてしまう原因というのははっきりは分かっていません。
レーザー光、フラッシュによる刺激で、毛母細胞が活性化するからではないかといわれています。

硬毛化が起きる可能性というのは10%ほどといわれているのですが、医療脱毛クリニックにおける医療レーザー脱毛、脱毛サロンの光、さらにはフラッシュ式家庭用脱毛器でもこのような硬毛化が起こる可能性はあります。

特に毛が細く薄い部位の場合には二の腕や太もも、背中を脱毛であれば脱毛後1ヶ月から3ヶ月は毛の変化に注意しなければなりません。

ニキビ・毛嚢炎

一般的な脱毛というのは毛が生えている部分にレーザーを照射して、皮膚の内部にある毛根に直接ダメージを与えます。
しかし、レーザーやフラッシュの熱を受けると、ダメージを受けるのは毛穴だけではなくお肌の持つバリア機能も下がります。
お肌トラブルを起こしやすい状態になって、熱エネルギーが強ければそれだけお肌に負担がかかってしまいます。

一時的に肌のバリア機能が下がっている状態で毛穴に雑菌が入り込むと毛嚢炎を起こします。
ヒゲ脱毛においては赤み、痛み、かゆみのある炎症になることが多いです。
女性の脱毛においては痛み、かゆみはないものの、お肌にブツブツができてしまうことが多いです。

火傷による痛み

脱毛サロンや医療脱毛クリニックにおいては特殊なレーザーを使用して、毛根組織にダメージを与えています。
光やレーザーを照射する時には、毛の太さ、お肌の色などの肌状態、商社する時の出力によって火傷の症状が出ることもあります。

もしも医療脱毛クリニックで火傷の症状が出ても、すぐに治療をしてもらうことができるのですが、サロンの場合にはクリニックでの脱毛のようにすぐに対応してもらうことはできません。

もちろん多くの脱毛サロン、クリニックにおいてはお肌トラブルを起こすことがないように、事前に対策がなされています。
お肌トラブルを事前に防ぐための方法としては施術後にお肌をしっかりと冷やします。

また、施術後に乾燥したお肌に対して、保湿ケアを行ってくれます。
お肌トラブルをしっかりと予防することができますよ。

コメント