永久脱毛の本当の意味って?

永久脱毛という言葉の意味ですが、これはこの先永久に毛が生えてこない。
このような意味だと思われているかもしれませんが、実はそうではありません。
日本国内において、永久脱毛という言葉自体が規定されていないのです。

もともと永久脱毛という言葉ですが、米国電気脱毛協会A.E.A.によって、このように定義されています。
脱毛の施術が完了してから1ヶ月後の時点において、毛の再成率が20%以下であると定義されています。

レーザー脱毛においては、レーザーを2解消社してから6ヶ月が経過した時点で67%以上の毛が減っているということが永久脱毛の要件になっているのです。
結局のところは、永久脱毛とはいっても脱毛をしたからといって永遠に毛が生えてこないという意味ではりませんので、医療脱毛においても、ムダ毛の処理から一生涯開放されることが保証されているわけではないのです。

それなら脱毛サロンで良いのでは…

脱毛サロンの料金というのはとても安いです。
そのため、わざわざ医療脱毛での脱毛を受ける必要はないのではないかと思われるでしょう。
脱毛サロンでは出力レベルが高い脱毛器を使用することはできない、という成約があります。
そのため、脱毛効果が一切実感できない可能性もあるということは理解しておきましょう。
とはいっても、医療機関の脱毛というのは保険が一切ききませんので、料金はとても高額になります。

医療機関における全身脱毛になると、医療機関は60万円から100万円ほどが相場になりますので、気軽に脱毛を…という範囲内のものではありません。
それでもより確実に脱毛効果を得たいと思われるのであれば、脱毛サロンよりもクリニックにおける脱毛の方が確実です。

本当に永久脱毛が必要なのかを考える

永久脱毛ができるのか、できないのかというだけですべてを判断するのは良くありません。
本当にたったの1本でも生えてきたら満足できないのでしょうか。

今一度、永久脱毛が本当に必要なのかをしっかりと考えてみましょう。
これまでに毎日自宅でカミソリや毛抜を使用して処理していたものが、1ヶ月に1度だけでよくなればとても楽だと思います。

実際に試してみるとエステの脱毛でも十分だったということもあるでしょう。
そこで、まずは何度か通ってみるのがおすすめです。
脇、脚などピンポイントで何度か試しに脱毛してみてください。

それで継続してエステで脱毛をするべきか、それとも医療脱毛を選択するのかを判断するだけでも遅くはありません。

コメント