医療脱毛ってどんな脱毛なの?

脱毛の方法というのは様々です。
レーザーの出力が高いと言われているものは、クリニックにおいておこなっている医療レーザー脱毛です。
医療レーザー脱毛というのは皮膚、毛髪に含まれているメラニン色素にレーザーを照射して、毛髪を再生させる組織を破壊します。

この医療脱毛において毛周期というのはとても重要なポイントになります。
毛周期とは、毛の成長サイクルのことです。
成長期、退行期、休止期との3つの段階で構成されています。

実は目で見えている毛というのは、毛全体からみると半分以下です。
そのため、毛周期に合わせて継続的に光を照射するというのが脱毛においてとても重要になります。
周期にあわせて脱毛をするのが効率よく処理をするうえでとても重要になります。

毛周期の段階

まず最初の段階です。
成長期1は毛母細胞の分裂が始まり、皮膚の内部でも毛の成長が始まるのです。
成長期2は毛母細胞が活発に分裂し、皮膚表面に少しずつ伸びていくのです。

退行期は皮膚表面に毛が出ているのですが、毛の成長自体は停止しているので、そこから抜け落ちていきます。
休止期は毛が抜け落ちて、毛母細胞は次の分裂の段階まで皮膚の中で休んでいる状態です。

理想としては、成長期1、もしくは成長期2の段階で脱毛を行うのがベストだといわれています。
毛周期を考えることなく、むやみやたらと脱毛したとしてもしっかりと脱毛効果を得ることはできないのです。
また、部位によって毛周期が違いますので、脱毛したいヶ所によって脱毛スケジュールを組むというのも重要になります。

医療レーザー脱毛の魅力

医療レーザー脱毛の魅力は、お肌にダメージを与えにくいということです。
自己処理を続けていると皮膚を傷つけてしまいますので、お肌へのダメージを避けることができません。
しかし、医療レーザー脱毛の場合には毛の生えている原因にだけ反応しますので、お肌へのダメージは少ないのです。

また、照射出力がとても高いので、出力の低いものに比べて少ない回数で脱毛効果を得ることができるのです。
エステの光脱毛に比べると、医療レーザー脱毛といのは照射出力が高いですので、脱毛期間は短くてすみます。

もちろん、脱毛したい部位、毛の質によっても違いますが、1年もかからずに脱毛が完了する人もいます。

医療レーザー脱毛のリスクは?

医療レーザー脱毛を受けることによって、軽い熱傷状態になります。
毛穴にかさぶたができることもあるのですが、それはごく普通の反応ですので、問題ありません。

コメント