エステサロンの脱毛ってどんな脱毛なの?

エステサロンで脱毛というと、多くの方がサロンの脱毛は永久脱毛だというイメージを持たれていると思います。
実はエステサロンというのは永久脱毛できない、ということになっています。
というと、エステサロンで医療行為は行われていないからです。

残念ながら永久脱毛は医療行為であると厚生労働省において認識されています。
つまり、医師免許を持っていない人は、永久脱毛の施術を行うこと自体、禁止されています。

脱毛と医師法

脱毛行為などにおける医師法の適用についてご紹介します。
医師免許を持っていない人が永久脱毛を行うと、医師法に違反します。

用いる機器が医療用であるのかどうかを問わずに、レーザー光線もしくはその他の強いエネルギーを持つ光線を毛根部分に照射して、毛乳頭や皮脂腺開口部等を破壊する行為を認めていません。

針先に色素をつけながら、皮膚表面に墨などの色素を入れる行為も認められていません。
エステサロンの脱毛は日本エステティック振興協議会において定義されている美容ライト脱毛に分類されます。

美容ライト脱毛というのは、除毛や減毛を目的にして皮膚に負担を与えることなく、幹細胞を破壊しない範囲内において、エステティックサロンで行われている光脱毛のことを指します。
基本的に、エステサロンで使用されている脱毛器は、毛乳頭、幹細胞を破壊しない程度のエネルギーです。
そのエネルギーの範囲内でトリートメントを行って、永久脱毛ではなく減毛を目的とした機械なのです。

つまり、脱毛サロンの脱毛というのは永久脱毛という言葉を使ってはいけないということになり、減毛や毛が生えてくるスピードを遅くするという表現にとどめておかなければならないのです。
事実、医療脱毛のレーザー脱毛、そしてエステサロンにおける美容ライト脱毛器では出力にとても大きな差があるのです。
つまり、エステサロンにおける脱毛は、永久脱毛までの効果を期待することはできないのです。

エステサロンでの脱毛に意味はないの?

エステサロンにおける脱毛は、医療脱毛に比べると効果は低いのですが、実際にエステサロンにおいて脱毛をすると毛の量はかなり少なくなります。
生えてこなくなったムダ毛に関しては永久脱毛に近いくらいの効果があります。

医療脱毛に比べると脱毛にかかる時間は長くなりますが、それでも極めて永久脱毛に近いくらいの脱毛効果を得ることはできますので、試してみる価値は大いにあります。

コメント