医療脱毛なのか?脱毛サロンなのか?

脱毛をこれからはじめという方にとって、医療脱毛にすべきなのか、それとも脱毛サロンにすべきなのか迷ってしまうと思います。
脱毛クリニックと脱毛サロンとを比較してそれぞれのメリットをしっかりと確認しながら、それぞれにむいているのはどのような人なのかを把握しておきましょう。

自分に合う脱毛プランを探してみてください。

医療脱毛のメリット

医療脱毛の最大のメリットといえば、医療機関における施術のため、安心感があるということです。
脱毛は少なからずリスク、副作用とを伴う施術です。
そのため、万が一トラブルが起きてしまった時にすばやく対処、保証してもらうことができます。
アフターケアも徹底しますので、始めて脱毛をする方でも安心です。

また、確かな機関において医療をしっかりと学んだスタッフによって脱毛されますので、施術への信頼性、成功確率が高いのです。

ただ、医療脱毛は料金が高額で、痛みが強いです。
最近では一部のクリニックでそのような痛みを最小限に抑えたレーザーも使用されるようになっています。

医療機関だからこその安心感

医療脱毛の一番のメリットは安心感です。
アフターケアもしっかりと行き届いていて、施術における不安を払拭できます。

また、施術時間も短いのが魅力です。
一度の脱毛効果が高いですので、施術が完了するまでにかかる期間もとても短いものになります。
施術料金は多少高額にはなるのですが、高い脱毛効果がありますので、施術回数は少なく、永久脱毛も可能ですので、お得です。

広範囲の脱毛にもしっかりと対応しています。
医療レーザーによる脱毛なら脱毛にかかる時間が短いですので、一度に広範囲の脱毛も可能です。

脱毛サロンのメリット

脱毛サロンの最大のメリット、それはキャンペーンなどが充実していますので、とても気軽に、低価格で脱毛できるということです。
もちろんサロンによって違いはあるのですが、どちらでもお得に脱毛を受けられるキャンペーンも少なくありません。

サロンを紹介したり、お友達と脱毛を受けたり、さらには親子で脱毛をうけるなどすると料金はどんどんお得になります。
そういったお得さと手軽さといったものが脱毛サロンを利用するメリットなのです。

脱毛サロンは、施術が完了するまでの期間は医療脱毛に比較すると長くかかりますが、気長に通い続けると少しずつ脱毛を進めていきたい、という方におすすめの施術方法になります。

料金ですが、脱毛サロンは脱毛料金がとても安いです。
各種キャンペーンを利用するとさらにお得に利用できます。
医療脱毛に比べてとてもお得です。

また、脱毛サロンは脱毛における痛みがとても弱いですので、お肌や痛みに敏感な人でも問題なく利用することができます。
痛みがほとんどありませんので、施術を受けた後でも支障などありません。

初めての脱毛ならどっちがおすすめ?

やはり脱毛サロンでの脱毛は痛みが少なくストレスも少なく通えます。
脱毛サロンのもう一つのメリットとしては、脱毛における痛みがほぼ無い、ということです。
痛みに敏感で、脱毛に対して不安感を感じている方でも安心して脱毛できます。
施術自体にストレスを感じてしまうと、その施術を何度も受けるというわけにはいかないと思います。
そのため、痛みもなく気軽に通えるのは初めての脱毛という方におすすめです。

また、脱毛サロンでは出力の弱い光脱毛を主に使用していますので、お肌への負担が少ないのです。
お肌が弱い方、敏感肌でこれまで脱毛をしてこなかった、という方でも安心して利用することができますよ。

脱毛に安心感や信頼感を求めている人、さらにできるだけ短い期間で永久脱毛を行いたい方は医療脱毛を受けてみてください。
また、お肌が比較的強く、痛みなどにもある程度耐える自信のある方は医療脱毛でも問題ありません。

ただ、少しでも安く、そしてお得に脱毛をしたいのであれば脱毛サロンをおすすめしますし、痛みに弱く、お肌も敏感なのであれば脱毛サロン一択です。

脱毛箇所によって選ぶ

脱毛の方法を選ぶのであれば、脱毛部位によって判断するのも1つの選択肢です。
例えば、顔脱毛は痛みが非常に強いですので、できるだけ痛みの少ないサロンでの脱毛を選択するのもおすすめです。

また、背中などの広範囲に渡る脱毛というのは、処理をするのに時間がかかってしまいます。
できるだけ時間を短縮するために、一度の脱毛効果が高い方法を選択する、つまり医療脱毛を選ぶのも良いでしょう。
そうすることで、脱毛にかかる時間をできるだけ短くできますので、とてもおすすめです。

ただし、その場合にはもちろん痛みを伴いますので、医療脱毛も脱毛サロンでの脱毛も良い点もあれば悪い点もあります。
だからこそ、どのように脱毛をしたいのかを明確にしたうえで脱毛の方法を選ぶというのが最も良い選択方法だといえるのではないでしょうか。